多古町大移住計画

バイクを買った
(1998年5月23日(土))

通勤用にゲンチャリを買った。SUZUKIのバイク。
家から京成電鉄の東成田駅まで10kmちょうど。JRのバスが走ってはいるが、本数もほとんどなく、時間帯もあわない。
空港の駅には車を置くところがない。空港に駐車場はあるが、通勤用に使うには料金が高すぎる。
成田まで行けば駅前に貸し駐車場が沢山ある。が、ここも料金が月1万円掛かる。何か勿体ない。。。
空港の駅を通勤通学に使っている人達は、みんな、東成田の駅に自転車やバイクを置いている。
と言う訳で、中古の安いバイクを探しまくった。

バイク屋さんを何件かのぞいてみて、殆どの店から、長く使うのなら新車の方が後々まで持つし、買い得だよと言われた。
う〜ん、そう言うものかぁ。。。
新車の安いのにするかぁと思い直し、新車の安いのを探し始めた。
新聞の折り込み広告とかを真剣に眺めながら(^^;色々と値段を比較してみた。結構、高いじゃん(;_;)

で、成田のバイク屋さんで、台数限定の安売り広告を見て、行ってみた。
メットとゴーグルを付けて、他の店の値段くらい? 消費税込みで12万円。
ま、いっかって感じで手を打った。
保険もその店で入った。5年分纏めて払うとかなり安くなるとかで、5年分を一括で支払った。

2,3日後、会社から帰ると、登録が済んだバイクが我が家にやって来ていた。
これで、ようやく毎日毎日、車で送って貰わなくてすむ。
「何時の電車で帰るから迎えに来てくでぇ〜」と言う「帰るコール」をしなくても良い。
心おきなく通勤出来る(^^v

この日誌は1999年6月13日(日)に書いている。

と言うことで、バイクを買って、早いもので1年が過ぎた。
最初は、時速30kmで走っても、直に風が肌に当たる。これって、慣れていないと凄いスピード感を感じる。
曲がり角なんか、本当にこのスピードで曲がれるのか、なんて、恐かった。
東成田駅から空港を抜けるまでの国道295号線は狭くて曲がりくねっている。
車で走っていて、バイクに出会うと接触するんじゃないかと恐くなる。同様に、バイクに載っていても、同じように感じる。
で、仕方ないので、思い切って、道の真ん中を走ることにした。
車の人に追い越しを諦めて貰って、道路が広くなったところで道の端によって追い越して貰う。
そうしないと後ろに車が付くと後ろばかり気になって前がおろそかになってします。
非常にに危険。それでも追い越しを掛けてくる車がある。気を付けないと。。。

最初は30kmでも早いと感じていたが、慣れとは恐ろしいものである(^^;
慣れてくると、60kmでも遅いなぁって感じになってきた。
う〜ん、100kmくらい出るマシンが欲しいぞぉヾ(^^;)

バイクは、雨の日と冬が困る。
雨の日は帰りは濡れても、そのまま風呂に飛び込めば良いが、行きはビショ濡れ状態になったら、着たまま電車で乾かすしかない。
寒い日も、帰りは風呂に入れば良いが、行きはただただ寒いだけ。我慢するしかない。
でもまぁ、朝の内って、寒くっても、結構、目が覚めてすっきり爽やかになったりする。

ニッポンの四季を肌で感じるバイク通勤ではある(^^;


次へ index home