多古町大移住計画

アンテナの設置
(1998年5月9日)

我が家の周辺はテレビ電波のブラックボックス地帯になっているようだ。
近所のアンテナの方向も至る所を向いている。
前に住んでいた人は、裏山にアンテナを立てていた。お隣さんも、その隣も、みんな裏山に大きな電柱を立ててアンテナを取り付けている。

多古町は丘陵地帯で、小高い山々が電波を遮断しているみたい。
近くの電気屋さんに行って色々調べてみても、我が家の辺りが、丁度電波の入りにくい箇所になっていた。

宮内さんが手配してくれたアンテナ屋さんが取り付けにやって来た。
二人でやって来た。
どうやら屋根に取り付けるらしい。
「う〜ん、屋根だと電波が入らないと思うんだけど。。。」(Tsuyoshi)
「強力なアンテナとブースターを持って来ましたから大丈夫でしょう」(アンテナ屋さん)
「成田に中継局がありますから、そこを狙って取り付けますから」
ホイホイと屋根に上ってサッサと取り付ける。
高所恐怖症のTsuyoshiからみると、絶対に真似が出来ない。

仮取り付けをしてテレビに繋いでみた。
やっぱり映らない(^^;
雨がザーザー降っていて、さっぱり見れたものではない。
方角とか色々やってみたが結局ダメだった。
次の予定があるからと、この日は結局そのままで帰って行った。
「料金はどぉなるんですかぁ?」(Tsuyoshi)
「映らないものは貰えませんよねぇ(;_;)」(アンテナ屋さん)
「今度山の上に移し替えてやってみませう」(アンテナ屋さん)

最初っから山に置いてくれれば何とかなったものをなぁ。。。
山に移し替えるとなると、エライ高い料金になると言う。
なら、自分でやったほうがマシじゃん。
と言う訳で、宮内さんが「どぉしますか?」と言うので「自分でやります」と言った。

次の休み。富里の大手電気屋さんに行って、色々と調べなおした。
多古町にも中継局があるではないかぁ。
ただ、多古の中継局は垂直波で送っていると書いてある。
屋根の上のアンテナは水平波の受信にしている。高所恐怖症としては、あんな高い所のアンテナを動かすのは到底無理だ(^^;

同じ富里のDIYの店に行って再度調べた。店員さんにも色々と聞いて、結局、山の上に立てて東京タワー狙いにすることにした。
VHFとUHFのアンテナとポール類、取り付ける部品、柱(^^;)とかを買って来た。
総額で、1万5千円程度。

子供達に手伝って貰って裏山に部品を運んだ。
裏山はお隣さんの土地なので、アンテナを立てることの了解を前に貰っていた。
柱を打ち込んで、ポールを立てて、2本のアンテナを取り付けて、ブースター経由で家まで引っ張る。結構大仕事だった。
途中、お隣さんが様子を見にやって来た。

「屋根のアンテナじゃぁ映らないかい?」(お隣さん)
「全くダメっす」(Tsuyoshi)
「ウチの作業所のは門の所に取り付けてるけど、綺麗に映ってるぞぉ」
「ふみゅ。。。」

後で見に行ったら、確かに、門の所の低い位置に取り付けてあった。
「へ〜、これで映るのかぁ」
と思ったが、我が家のは全く映らなかった。

ようやく、裏山からの電波をテレビに通して、映してみた。
バッチリだった\(^O^)/
けど、4と6が入らない(;_;)
ま、いっか、当面は。

次へ index home