多古町大移住計画

改築ローンの申請(その1)
(1998年5月1日)

土地購入では、オーナーさんが元勤めていた銀行から沢山のカネを借りた(^^;
購入の方はこれで何とかなったが、今度は改築費用。
意外と掛かりそう。手持ちを殆ど放出してしまったので何とも心許ない。
しゃぁない、借りるかぁって感じで、色々と当たってみた。

まず、会社の労金関係で聞いてみた。
会社の労組が入っている労金は、事務所が東京からか東京労金に入っているとのこと。
労金って全国組織なんだけど、個々に全く異なった金融機関だと思った方が良いのだそうだ。
それぞれには全く関係ないと言う。

ホームページで見た千葉労金のデータはまるで役に立たなかった(^^;
労金のリフォームローンも労金によって色々ある。加えて、労組側で色々な制約を設けているからややこしい。
東京労金のリフォームローンは最大500万で、金利が、保証会社を使った場合は上乗せになって5.2%とか(@_@)
高すぎるよなぁ。本当に「労金」なのかぁ、これってぇ。。。

会社の制約では最大500万までは借りられない。聞いたときには200万までとのことで、その後見直し時期に来ていて300万まではOKとのことだった。
でも金利が高すぎるので、当然、他を当たった(^^;
だって、一般の銀行のリフォームローンの金利の方が遥かに安いんだもんなぁ。
って訳で、地元の別の某銀行に当たってみた。

我々が当たる前に、大工の宮内さんが、大工になる前は金融機関で働いていたとかで「借り方はよ〜く知ってますから、当たってみましょう」と、当たってくれた。
郵送されてきた封筒には、申込書と必要な書類とかが入っていた。

健康保険証が必要。んん、保険証が、無い(^^;
引っ越しのドタバタでどこかに放り込んでしまったらしい。

登記が済んだと言うので多古町の司法書士さんの事務所まで出向いた。
時間を言っていたのに、不在だった(^^;
健康保険証も無い。ま、いっか、ともかく銀行に行って話を聞いてみよう。
銀行に行った。やっぱり保険証が無いとダメだと言う。
どうやら保険証に書いてある保険証の発行日から勤続年数を確認したいらしい。

Miekoに引っ越しの荷物の何処に入れたかを思い出してもらいながら(^^;
「えっと、確かあの鞄の中に。。。」
とMiekoが言うので、多古町の家に言って、二人で土蔵を家捜しした(^^;

何だぁ、意外にすんなりと見つかったではないかぁ。
でも、15時はトウに過ぎてしまっている。リフォームローンの申請は出来ない。
出直すしかない。

次へ index home