多古町大移住計画

電話の話、その2(DDIさんの巻)
(1998年5月1日)

続いて、もぉ一つ、DDIさんとの話。

我が家は夫婦ともに実家が九州(宮崎県延岡市)と言うこともあって、長距離電話の機会が多い。で、DDIさんと契約していた。
0077経由ではなく、DDI利用の方が特になると勝手にDDIに切り替えると言うアダプターが取り付けてあった。
恐れを知らない我が家は、何と、引っ越し当日になってDDIさんに解約の電話をしたのだった(^^; まぁ、単に連絡を忘れていただけなんだけど。

「あのぉ、解約したいんすけどぉ。。。今日(^^;」
何ちゅうやっちゃぁ、と、思ったかどうかは知らないが(^^;、電話の向こうの女性は親切に対応してくれた。

「移転先でも使ってもらえませんかぁ?」(DDIさん)
「ん〜、色々と他のサービスとかも出てきてるんで、チと検討してみたいんでぇ」(Tuyosi)
「そぉっすかぁ(;_;) んでば、仕方ないっすね。アダプターは移転先に持ってって貰えませんかぁ? んでもって、どぉしてもDDIを使わないつーなら、電話貰えれば引き取りに行きますのでぇ。。。」
「分っかりましたぁ」

と言うことで、自分で電話回線からアダプターを取り外して多古町まで持って行った。
引っ越しが済んで、「引っ越したぞぉ」と言う電話をアチコチに掛けていて、結局、面倒なのでDDIさんを継続することにした(^^;

5月2日。
「あのぉ、やっぱし継続しますんでぇ」(Tuyosi)
「あっりがとうございま〜す。んでば、アダプターのナカミを書き換えますので一旦電話を置いて下さ〜い」
すぐに掛かってきた。
「あっのぉ、連休に入ったんで、手続きが連休明けになってしまうんですけどぉ」
「しゃぁないっすねぇ」
と言うことで、連休明けに連絡が入ることになった。

DDIさんとの電話を切った少し後に某運輸会社さんから電話があった。
「DDIのアダプターを引き取りに行きますので。。。」
(^^;

連休明け。
数日経っても連絡はなかった(^^;
DDIさんから手紙が届いた。「ご契約ありがとうございます。5月○日から利用できます。ご利用の際は0077を回して。。。良かったら便利なアダプターを使って。。。」

手続き完了の一般的な案内なんで、一通りのことが書いてあるんだろうけど、書き換えはどぉなったんだろぉ?
我が家も一日中家に居るわけでもないんで、居ないときに電話を貰ってるかもしれないし。。。
と、思いつつ、電話した。
「あのぉ。。。ツー訳で、連休明けに書き換えるって。。。」(Tuyosi)
「あっ、そぉっすかぁ(・_・)?? どもども、これからすぐに書き換えますんで、一旦電話を置いて。。。」

ま、そんなとこかな(^^;

次へ index home