多古町大移住計画

移転登記の手続きとお金の受け渡し
(1998年3月16日午前)

朝10時30分。
銀行で、売り主さん、銀行から紹介された司法書士の先生、仲介をしてくれた白鳥建設の長谷川さん(ここで初めて名前をあかしてしまった)らと落ち合った。
我々は前の晩から畑に泊まっていたが、銀行に着いたのは10時半ぎりぎりだった。駐車場で、売り主さんと長谷川さんが既に待っていた。
銀行に行くと、まだ司法書士の先生は来られていなかった。
応接室に入るとすぐに司法書士の先生が来られた。
何と、売り主さんと司法書士の先生は、多古町の小学校からの同級生だった。互いに顔を見るなり、やぁやぁって感じだった。

売り主さんへの購入金額の振り込み、仲介の長谷川さんへの残りの手数料の支払い、司法書士の先生との移転登記の手続きと登記料等の支払いを済ませた。

無事終わって銀行を出た。
我が家の畑で、売り主さんと長谷川さんとお茶を飲みながら色々と話をした。暖かな良い天気だった。

次へ index home