多古町大移住計画

売買の正式契約
(1998年1月31日)

1月31日(土)、ローン条項を取り除いた正式な売買契約を交わした。

最初の契約は「もしローンが通らなかったら契約は無効にするよ」という項目が入っていた。
その契約書で銀行に融資の申請をした。
今回は、何とかローンの申請も通ったようなので、その条項を取り除いた。
また、最初の契約時点から分かったことなども盛り込んだ。
例えば、登記できない建物(基礎工事をやっていない納屋とか)も合わせて引き渡す、とかだ。
ま、再契約をしたのは別の理由もあったんだけど。

で、これから後の手続きはこんな感じになる。
オーナーさん側で、まだ登記をしていない建物の登記を済ませる。
その後、土地と建物一式を我々に渡して貰う。
それから我々の方で登記をする。併せて住民票を移す。
銀行と、ローンの正式な手続きを取る。

書いている本人(ダンナ)はその辺りの仕組みを今一よく分かっていなかったりする(^^;
奥さんは結婚する前に司法書士事務所で登記の仕事をしていたので良く分かっているようだが。
とにかく自分の物にしないとローンの抵当権が発生しないから、まずは自分の物にすると言うことらしい。
ふむふむ ヾ(^^;)おいおい大丈夫かい?

オーナーさんの登記が2月一杯くらい掛かるらしい。
その間に、同時に改築の話も進めることでオーナーさんの了解も貰った。
さて、改築、どぉしようか。。。

次へ index home