多古町大移住計画

銀行から電話〜自己資金分の残高証明が必要とのこと
(1998年1月14日)

今、ローンの審査のサ中。

1月14日、銀行から電話があった。自己資金分の残高証明(確かに自己資金を持ってますと言う証明)が必要と言う。
何処に幾ら有るかが分かるものであれば良いとのこと。

なけなしの預金通帳や、会社でやっている財形の残高の入っているものをかき集めた。
16日(金)は前から計画年休にしていた。15日(成人の日)から通して4連休になる。
16日に某銀行の多古支店まで、かき集めた残高証明になる資料を持って行った。

15日の大雪で、千葉市は団地の駐車場から車を出すにも怖いくらい。
多古町は雪はどうなんだろう。
この前の雪の後に行ったら、全く雪は残っていなかった。殆ど降らなかったらしい。
今回も、千葉市を抜け出ると、周りの雪はすっかり消えてしまった。多古に入ると全く降った形跡すらなかった。
同じ千葉県なのにこんなにも違うものか。

支店長代理の○○○さん。間取り図も頼んでいるんで、あと1週間くらい時間を貰いたいとのこと。
我々も家の中には一度しか入っていない。しっかりと間取りを覚えているわけではない。

18日に畑に行った帰り、仲介をお願いしている○○○さんの所に立ち寄った。
丁度、間取り図を書き上げたところだった。改めて見るとなかなか広い。
登記やら一部改築やらとやって行って、移ることが出来るのは早くて3月末くらいか。。。

次へ index home