多古町大定住計画

獅子座流星群見学記〜(^^)/~~
(2001年11月18日(日)〜19日(月))
獅子座流星群が近づいて来るという。今回は結構見えるらしいと言う情報を、随分前に新聞で読んで、これわもぉ見ないと!
と言うわけで、しっかりと手帳にまで書いていた。
で、会社で「こんどの月曜は晴れたら休むからねぇ〜(^^)/~~」と言うと、みんな「なんだんねんそれ?」って感じ(^^;

流れ星とかに興味を持たないのかなぁ。何十年に1回、あるかないかとかの大天体ショーなんて言っても、興味を示さない人の方が多くなった感じ。
会社とか仕事を休んででも、絶対に見る価値があると思うんだけどなぁ(^^;

ってことで、18日は快晴だった。
19日になって、1時過ぎに、家の下の田んぼのところにみんなで下りていった。パラっと流れてはいるが、この程度ならいつもと変わらない。
少しずつ増えてきてはいるような感じではあるが、まだまだって感じだった。

hikariが、寒い、眠いと言い始めたので、一旦家に帰ることにした。
家に帰っても、何となく外に出て空を見上げる。あ、流れた、また流れた。。。
だんだんと流れ星の数も増えてきた。

2時頃に再び田んぼのところに下りていく。
流れた! あ、また流れた!!

先ほどとはまるで違う。
ヒュンヒュンと音を立てるように四方八方に飛び交い始めた。
凄い凄い。これぞ「流星群」。

3時までの1時間ほど、大天体ショーにみんなで見とれる。
その間、実に何百個と言う感じの流星が、まるで線香花火が終わりを告げる時に火花が飛び散るように星が夜の空を乱れ飛び交う。
目の前で繰り広げられている光景なのに、まるで映画でも見ているようだ。
こんな凄いのって、次はいつ見ることが出来るのだろう。。。

次へ index home