多古町大定住計画

21世紀の初日の出
(2001年1月1日。九十九里・成東海岸にて)
21世紀の初日の出01
7時前、雲の合間から第一陣のご来光が!
21世紀の初日の出02
7時過ぎ(4分頃)、雲の上から第二陣のご来光
21世紀の初日の出03
とうとう雲から顔を出した21世紀の初日
カンクロウさんの歌舞伎の舞
5時半くらいから始まったらしい
歌舞伎役者のカンクロウさんの舞い

今年(2001年)は九十九里、成東海岸に初日の出を見に行った。
カンクロウさんがご来光に合わせて連獅子を舞うとの話を前々から聞いていた。
成東海岸ではまだ初日を見たことはないし、家からは近いし、銚子(犬吠埼)だと日本で最初に日が昇ると言うのが知れ渡ってメチャ混みだし、ってことで、今回は九十九里、成東海岸でご来光を拝むことにした。
大晦日夕方からの雨も、元旦の朝5時には綺麗な星空に変わっていた。みんなを起こして、いざ出発!
銚子方面とは反対方向のせいか、今まで(昨年一昨年)の初日の出行とはまるで車の量が違う。殆ど走ってないと言っても過言。。。かなヾ(^^;
成東海岸付近に近づくと、さすがに車が少しは多くなって来た。警察の人たちが総出(?)で、交通整理をしている。
カンクロウさんを見に来る人が意外に多いのかなぁ。それとも単なる初日の出客なのか(^^;
駐車場は既に一杯とかで、近くの路上駐車しているところに加わった。何と良い位置に駐車できるところが見つかったものか。
海岸に行くと、既に舞いが始まっていた。入場料2,000円なり。
外からでも見えるし、浜(渚)まで行きたいから、当然、入場料なんぞは払わないで、さっさと浜に出る。
まだ夜明けには早い。カンクロウさんの舞いを、仕切の外から眺める。なかなか良いもんだなぁって感じ。
そうこうしているうちに、とうとう21世紀の夜明け。
雲が海の上を少し覆っていたので、10分くらい遅れてのご来光。
それにしても何と素晴らしい初日の出だったことか。今年は絶対良いことがあるぞぉって感じが思いっきりした夜明けだった。

1999年の初日の出
2000年の初日の出

次へ index home