台風の爪痕
(2002年7月12日)


今年(2002年)は、6月末から7月初めに掛けて早々と台風が関東地方にもやってきた。
6号と7号、その間が短かったため強風が続き、何と我が家の畑の栗の木の1本がばっさりと幹から折れてしまった。他にも根元から倒れてしまった果樹とか、大きくなりかけの果樹類が何本も風に倒されそうになった。大きくなりかけて風の影響をモロに受けるようになったからなのかなぁ。昨年まではこんなに酷くはならなかったし。
田んぼも、隣の山の杉の木がバッサリと折れて、もう少しで我が家の田んぼを直撃寸前。
隣のクニトモさんちの合鴨の柵を、大きな枝が落ちてきてバッサリ。。。
ということは、今回の風って、やっぱし強かったんだなぁ。


田んぼに倒れかかった杉の木
田んぼに倒れかかった杉の木
合鴨の柵を直撃した木の枝
合鴨の柵を直撃した木の枝

 

根元から倒れてしまった畑の果樹
根元から倒れてしまった畑の果樹

hatakeのindexに戻る トップに戻る