田植え(その1)
(2002年5月26日)


2002年5月26日、日曜日。朝から快晴!
午後からようやく田植えの第一段を開始。
昨日(25日、土曜日)、草刈りをして、今朝、町の空き缶拾いが終わった後に、水を入れに行った。
今まで、水持ちが悪く、午前中に水を入れると、夕方には殆ど無くなってしまうほどだったけど、今回は、ケイハンバン(水止めの板)を取りのぞいたところをそのままにして、もう一つ内側に土を盛り上げてみた(土手を二重構造にしたような状態)。
夕方、6時前に、そろそろ今日の田植えを終わろうかと言う時刻、やっぱし水が少なくなってきた。
でも、まぁ今日初めて水を入れたので、土の中にしみこんでしまったとも思えるし(^^;
昨年よりは、随分と水持ちも良くなったような気がする。

今年(2002年)の春に、田んぼに行ってみて土を触ってみた時、昨年に比べると、大分、土の質も変わってきたなぁって感じだった。何せ昨年があまりにも悲惨だったし(^^;
で、昨日(5月25日)、レンゲが黒くマメになったので、草刈りに行った。
スギナが大分出てきていた。スギナのところを苅り払い機で刈り取ると、その下は、ボコボコだった。
ミミズが多いし、色んな虫が沢山住んでいた。一気に自然が戻ってきたって感じだった。
「変わるときには一気に変わる」とmiekoが言う。本当にそんな感じで良い方に変わってしまった。これなら今年は行けるかも、と言う感触。
で、今日、最初の田植え。
稲を苗箱4枚分、とりあえず持っていった。その時点でも苗はまだ箱2枚分以上は余っていた。これだと5畝の田んぼで苗箱5枚分くらいで済みそうかも。
今までは家族みんなで田植えをやっていて、子供達はどうしても数本纏めて植えてしまうので10箱近く使ったような(^^;
今年は2,3本ずつ植えていったので、超節約田植えだ。

田植えの様子
田植えの様子
我が家は不耕起による稲作なので、「 これが田んぼ?」って感じかも(^^;
昨年までは土に穴を掘って植え付けていったけど、今年は土が軟らかくなって、割とすんなりと植えられる。

昨年(2001年)の田植えの様子 hatakeのindexに戻る トップに戻る