夏の風物詩「ペルセウス座流星群」 今年の見頃は8月12日、13日

夏の名物流星群「ペルセウス座流星群」。
今年は8月12,13日頃が見頃になる。

国立天文台のサイトによると、日本時間では8月12日の夜に最も活動が活発になるだろうと予想されている。
12日は月が夜の12時くらいに沈むようなので、その後がみごろ。

お月さまの状況は、8月9日が上弦、17日が満月。
月の入りは、12日頃が、深夜0時??1時頃で、日が経つにつれて遅くなる。

もし見逃しても、極大(活動が最も活発になること)の前後1週間ぐらいは流星の出現が期待できるとのことなので、ここはひとつ星空観察会なんぞ。

●国立天文台のサイトから「ペルセウス座流星群を観察するには」
http://www.nao.ac.jp/phenomena/20080811/index.html#Section3

●アストロアーツのサイトから「ペルセウス座流星群特集」
http://www.astroarts.co.jp/special/perseids2008/


ちなみに、今年は木星も肉眼でキレイに見える。
http://www.astroarts.co.jp/special/2008summer/jupiter/index-j.shtml

望遠鏡だとワッカも見えるかも。。。
そういえば、望遠鏡も持っていたんだ。

 

カテゴリー: 田舎暮らし(その他) パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA